IT專門の業者を活用して印刷を依頼しよう

導入例の増加

ホワイトボードの以前は、黒板が利用されていた物

ホワイトボードとは近代に使われ始めた物です。それまでは、多くの場所で黒板が利用されていました。実は、黒板と言うのは目に悪い物なのです。 人は暗い空間に置かれると、より光を集めるために目の瞳孔を大きくします。これが長時間続くと、目に大きな負担を抱えてしまいます。黒板でも同じ事が起きます。その中で現れたのが、深緑の黒板です。ただし、この内容でも多少緩和されるだけの物です。ホワイトボードは、背景が白に黒文字と言う事で、目に負担を与えない物であり、視認性が最も高い内容です。 公立学校でホワイトボードに変えない理由は、様々にあります。ボールペンよりもチョークの方が経済的に安くつく内容や、ホワイトボードを大量に入れ替えるには予算がかかるなどが理由でもあります。また、慣習として黒板のある姿が教室だと言うイメージが強い事も挙げられます。しかし、近年は、ホワイトボードをメインに扱う小中高の学校も増えて来ています。

デジタル技術によって進化をする

ホワイトボードとは、白いボードに黒いペンで文字を書くイメージが強くありますが、ホワイトボードもデジタル化によって進化しています。 近年は、電子黒板と呼ばれるホワイトボードがあります。パソコン内で操作する事も可能になるため、長時間立って説明する事も無くなります。 もちろんボードに直接文字を書いたりする事ができる物であり、実際にインクが入ったペンが無くても利用する事ができます。直接、動画を流す事も可能です。 現在の学校では、ボードに書かれた内容をノートに書き写す事が一般的ですが、今後は、ボードの内容を各々のパソコンに保存をしておく様にと言う言葉が出てくるかもしれません。ノートに書き写す時間が短縮され、聞く事に集中できる日が訪れる事も間近な物と言えます。

Copyright© 2015 価格帯を全て把握して最も賢い買い物をしよう All Rights Reserved.